headband

看護学校 現場

看護師ハローワークPartialマッチ TOP >> 看護学校と現場でのギャップについて

看護学校と現場でのギャップについて

看護師にも理想と現実が存在しているようです。
どの仕事でも当然そういうことがあると言ってしまえばそれまでですが、看護師という仕事には、他の仕事以上それを感じる人たちが多いようです。
看護学校などで勉強しているとより以上、看護師という仕事を理念として捉える傾向も高まるようです。
しかし、理念として看護師を捉えれば捉えるほど、看護師という仕事は理念では全く収まりきれない枠というものを痛感しなければならないのです。
現場で起きていることを理念でまとめ上げるという行為は、果たして看護師にとって望ましいことでしょうか。
 理念を当然否定する訳ではありませんが、看護師に求められているのは、身体で覚えた理念と言うものなのではないでしょうか。
頭でただ覚えた理念では、看護師として通用せず、まず、看護師のみなさんは一度はそこにギャップのようなものを感じるようです。
看護師の勉強として、実習というものが行われているのですが、実習教育でもまだ手の届かない部分があります。
人手が足りなかったので・・・。
そういうケースだって医療機関では多々起こることではないでしょうか。
その時に看護師としてどういう行動を取ることが正しいか、これが現場で要求される判断です。

pagetop

看護師の転職

Copyright(C) 2013 看護師ハローワークPartialマッチ All Rights Reserved.

転職サイトを利用して転職した看護師の離職率が低い理由とは