headband

外来 看護師

外来で働く看護師について

みなさんの認識の中には外来看護師という認識はまだまだないのかもしれないですよね。
ここで看護師の中で区別していただきたいのは、 外来看護師と病棟看護師です。
外来看護師とは、 身体的や精神的異常がある来院者に対して医師が行う診察の介助もしくは援助する人たちのことを言います。
大体おおまかには仕事の内容は、問診や、バイタルサイン測定、医師の診察介助、採血や注射、点滴業務、処置業務・・・と言ったものがあります。
更に患者さんが入院すると決まればそのための準備もするのが外来看護師です。
患者さんを検査室へ案内するのも外来看護師の役目です。
患者さんに対して、生活指導や、薬の服用指導をしたりします。
外来看護師は、とてもハードな仕事です。
外来看護師は非常にハードと言われているものの、外来看護師の仕事を好む人もいます。
外来看護師のメリットは基本夜勤がない点です。
看護師の仕事の中でみなさん夜勤労働を非常にストレスと感じているようです。
夜勤がないということだけで、外来看護師は病棟看護師と違ったメリットを持っているのです。
ある程度休日が決まっていることも外来看護師のメリットです。
比較的外来看護師では重症患者も少ないです。

pagetop

看護師の転職

Copyright(C) 2013 看護師ハローワークPartialマッチ All Rights Reserved.

転職サイトを利用して転職した看護師の離職率が低い理由とは