headband

看護師 仕事

看護師ハローワークPartialマッチ TOP >> 看護師の仕事の大変さを知る機会について

看護師の仕事の大変さを知る機会について

看護師の仕事内容というのはボンヤリと分かってはいるものの、あまり知識はなく病院で入院をすることになって初めて看護師の仕事が大変だと認識したという方(もちろん一般の方です)が多いですね。
入院していた病院で初めて看護師のハードさを知るという訳です。普通のサラリーマンと違い、勤務時間や休みも不規則で、夜勤は夕方から翌日の昼前まででなかなか帰れないという状況をみて、そこで初めて「看護師の仕事は大変なんだな」と分かるという訳です。

今までのイメージだと、看護師の資格を取れば人生安泰、安定感抜群といったイメージだったものが、実際に接した事で良くも悪くもイメージが変わりったということです。確かに入院でもしないかぎり、看護師の仕事をよく見る機会はなく、したがって良い部分しか知らなかったので当然なのですが、看護師は私が思っている以上に過酷な仕事だと分かるのです。

こうした勤務の忙しさや厳しさの度合いというのは病院によって様々だというのは言うまでもありません。一般の方が看護師の仕事の1部しかみていないので、看護師の仕事について良く知らなかったが、入院して実際に看護師の仕事を目の当たりにすることで看護師の仕事の厳しさについて認識することになった、というのはしょうがない部分もあります。

つまり人間は自分が目で見たものしか正しく認識できないものだということです。これは転職で求人を探す際にも当てはまるのかもしれないですね。どういう職場なのかは自分の目で確認した方がよいということです。

pagetop

看護師の転職

Copyright(C) 2013 看護師ハローワークPartialマッチ All Rights Reserved.

転職サイトを利用して転職した看護師の離職率が低い理由とは